電話番号

営業時間:
10:00~18:00
定休日:
水曜日 、第1.3火曜日

株式会社Oh!不動産 TOP > 株式会社Oh不動産のブログ記事一覧 > 相続した不動産を共有名義にするとどんなことが起こる?

相続した不動産を共有名義にするとどんなことが起こる?

カテゴリ:相続関係

相続した不動産を共有名義にするとどんなことが起こる?

ご両親からの不動産を相続する予定の方に向けて、共有名義についてご紹介します。
共有名義とはなんなのか単独名義との違い、メリットやデメリットも見ていきましょう。
共有名義にするときに、注意すべき対策もご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。
これから相続を迎える予定の方は、しっかりと準備して直前で慌てないようにしておきましょう。

\芦屋・西宮・東灘エリアの不動産情報はOh!不動産へ/

弊社へのお問い合わせはこちら

相続した不動産はどうすべき?そもそも共有名義とは?

相続した不動産はどうすべき?そもそも共有名義とは?

ご両親から不動産を相続する際に、複数人の相続人がいる場合、共有名義を検討することもあるでしょう。
どんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

共有名義とは?何人でも名義人になれるの?

共有名義とは、その名前の通り、複数の人で不動産や土地を所有することです。
人数に制限はないので相続を繰り返すたびに、名義人が増えていく可能性があります。
名義人が増えれば増えるほど、登記上も名前が増えることになっています。
ご両親からの土地や不動産を相続する際に、共有名義を選択することもあります。
もともと共有名義のものを相続することもありますが、どちらにしても共有名義には、持分を定める必要があります。
これは名義人になる人同士で決める必要があり、割合なども自由に決められます。
ご両親から不動産の相続を受ける場合は、遺言などにより持分が決まることもありますし、話し合いによって決めてもいいでしょう。
相続のときだけではなく、購入の際に選択することもあります。
たとえば夫婦や親子で住宅ローンを組む場合にも、共有にする方が増えてきています。
最近では共働きの夫婦が増えていることも、その理由です。
単独名義とはどんなもの?それぞれの違いも
では単独名義とはなんなのか、比較しながら違いを見ていきましょう。
単独名義とは、持分をすべて1人で保有している状態のことです。
どちらを選択したとしても、暮らしていくなかで問題が起こることは少ないでしょう。
持分に割合があるということが大きなポイントとうことです。
共有名義で持分が少なくても、その不動産に1人で住むことは可能です。
ほかの名義人の同意があれば、持分の割合にかかわらず、不動産を使用できるところもポイントといえるでしょう。

要チェック|株式会社Oh不動産のブログ記事一覧

相続した不動産を共有名義にすべき?メリットはある?

相続した不動産を共有名義にすべき?メリットはある?

まずはどんなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

公平に財産をわけられること

相続した不動産は、売却しない場合、平等にわけるのは難しいものです。
実際に不動産を相続するときに、トラブルが起きているご家庭は多くあります。
財産に現金がなく不動産が多い場合も、トラブルが起こりやすい特徴です。
今は売却が難しいけれどいつかは売却したい、というような場合でも、ひとまず共有名義にして公平に分けるという方法をとるのもいいでしょう。
持分も自分たちで決められるので、公平感が強く、みんなが納得する形になることでしょう。

不動産を売却せずに済む

不動産に思い入れがあって売却したくない場合でも、この方法を使えば財産をわけられます。
売却しなければ相続が難しいと思われていますが、共有名義という方法も視野に入れてみるといいでしょう。
不動産を共有名義にするデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

売却の際に全員の同意が必要

不動産を売却しようと考えたときに、全員の同意が必要になります。
1人でも反対する人がいれば、売却は不可能になってしまうので、名義人になる人は慎重に選ばなければいけません。

手続きにも全員の同意が必要

不動産に対して変更をおこなう場合は全員の同意、管理は半数の同意が必要です。
同意だけならまだしも、手続きが必要なものに関しては、話し合いなども必要になってきます。
遠方に住んでいると話し合いも負担になってしまいますし、時間がたつと所在が不明になってしまうこともあり得ます。
名義人が増えれば増えるほど、話し合いや手続きが大変になってしまうので、最低限の人数にしておくべきだといえるでしょう。
また不動産に対する考え方があまりにも違う場合は、避けておくべきです。
たとえばどんなに親しい間柄でも、不動産を売却するのかしないのかなど、相続する前にしっかり話し合っておきましょう。

必読|株式会社Oh不動産のブログ記事一覧

不動産は相続するとき共有名義にしないほうがいい!対策とは?

不動産は相続するとき共有名義にしないほうがいい!対策とは?

メリットとデメリットを比較してみると、その場でトラブルが起こらないように見えても、後々トラブルに発展しやすいという特徴があるとわかりました。
不動産を分割する方法として、安易に選択することは避けておきましょう。
ではどのように対策しておけばいいのでしょうか?
これから共有名義を検討している方や、すでに相続している方にも有効な対策を見ていきましょう。

不動産以外の財産を合わせて分割する

不動産は単独名義にして、現金や預金、株式などといったそのほかの財産を分割するのが有効です。
完全に平等にわけるのは難しいですが、不動産を相続したいという希望がある相続人がいればスムーズに進められるでしょう。
トラブルにならないためにも相続が発生する前から、少しずつ話し合いを進めておきましょう。

生命保険などを活用する

相続する財産が不動産のみの場合は、生命保険の受け取りなども分割の対象として考えましょう。
生命保険に入っていない場合は加入しておくなどの対策が有効です。
遺言によって、しっかりと配分を決めておくと、残された人も納得して話し合いが進められます。

土地の相続は分筆も有効

分筆とは土地をわけて相続する方法です。
こちらも自分たちで割合を決められて、共有の名義ではないのでトラブルもなく済みます。

売却して現金をわける

不動産が売却できれば、現金に換えて相続するのもいいでしょう。
相続する不動産に住む人がいないなど、残しておく理由がなければ売却も検討してみるのがおすすめです。

トラブルを避けるには放棄も有効

相続人が多く、トラブルが起こりそうな場合は、自ら相続放棄を選択してもいいでしょう。
話し合いや手続きに参加する必要もなくなりますが、財産も相続できないのでよく検討してから選択しましょう。

すでに共有名義で相続している場合は?

すでに相続している場合でも、対策はあります。
共有名義は解消して単独名義にできるので、話し合いから始めましょう。
単独名義にする方法は、分筆にする方法、持分を放棄する方法、持分を売却する方法があります。
分筆は先ほどご紹介したように、土地のみをわける形で手続きをします。
持分を放棄する方法では、放棄した相手に対して金銭を支払います。
売却では利益を分配するなど、それぞれで対応が変わります。
共有名義を解消するためには、分割請求をおこなう必要があるので、手続きをはじめましょう。

オススメ|芦屋・西宮・東灘エリアの不動産物件

まとめ

不動産を公平にわけるには、共有名義が有効なように思えますが、メリットもあればデメリットもあるということがわかりました。
不動産に対する気持ちが同じであれば問題はありませんが、時間の経過につれて変わってしまうこともありますし、物理的な距離が問題となって手続きに支障が出ることもあります。
すでに共有名義で相続している方も、これから相続する予定の方も、なるべく共有名義ではなく単独名義にすることをおすすめします。
上記でご紹介した対策を参考に、トラブルのない相続を進められるように準備しておきましょう。

\お気軽にご相談ください/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|不動産相続で知っておきたい!固定資産税の支払いは誰がする?   記事一覧   相続人の遺留分とは?不動産相続するときはどうなるの?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約